債務調査と夫妻の相続放棄について

財産だけでなく借金もまた相続されます

亡くなった人が残した財産はたくさんあるのではないかと考えている人がいますが、残した金額が多い人もいれば借金などの債務を残しているというようなケースもあります。
したがって遺産相続の際に大切なことは、まず被相続人の負債に関してしっかりと確かめておく必要があります。
土地や建物や預貯金や保険金と同じように、借金も遺産相続の一つとして認められています。
財産はこのようにプラスの面もマイナスの面もすべて含めた遺産の範囲となっています。
したがってマイナスの面である借金も被相続人の遺産となります。

遺産相続の対象をしっかり把握しておきましょう

借金に関しては被相続人が亡くなる前にしっかりと把握しておくようにします。
また借金があるかないかと言うことだけではなく、その詳しい内容も把握しておくようにします。
詳しい内容を被相続人に確認し、負債に関する情報は共有しておくようにします。
具体的には負債金額や被相続人の名義であるのか、連帯保証人はいるのかということや担保を設定しているのかと言うことなどです。
基本的なことだけではなく細かいことまで把握しておくことで、もしものときに役に立てることができます。

具体的な債務調査の方法

被相続人の債務を調べる方法としては、本人が内緒にしている場合、第3者でもその負債を確認することができます。
その方法として保管書類や郵便物の確認をします。
またこのほかに銀行の預金通帳を確認するという方法があります。
個人情報の開示請求をすることもできます。
負債や債務の個人情報に関しては特定の機関で管理されています。
ここでは誰がどこからどのくらいの金額の借金をしているのかという情報がすべて残されています。
この機関で個人情報を確認すると、すぐに借金があるかないかを判断することができます。