遺産相続の手続きの流れについて

葬儀と届け出の流れ

サグラダファミリア身内が亡くなったときには遺産相続の手続きを行う必要があります。
葬儀の準備などで忙しいですが、一つ一つしっかりとこなしていくことが大切です。
まず死亡届の提出をする必要があります。
これと同時に死体火葬許可申請書の提出も行います。
この期限は7日以内となっているので早めに手続きを行います。
その後で相続人の確定や遺産の確認を行います。

財産把握と相続の手続きの流れ

故人がどのような財産を残しているのかと言うことを把握するために、財産目録の作成をしておくと安心です。
被相続人の死亡を知ってから3ヶ月以内に、排除者や欠格者の確認をします。
相続の仕方も相続放棄や限定承認などがあるので、しっかりと話し合いを進めておくようにします。
この話し合いは遺産分割協議とされていますが、ここで協議が成立すれば遺産分割協議書を作成し、各種名義変更の手続きを行います。
しかし遺産分割協議での協議が不成立となった場合には、家庭裁判所で調停や審判が行われた後に各種名義変更手続きとなっています。
そして最終的に相続税の申告や納付という流れになっています。

相続税の申告や納税の手続き

相続の手続きにはこの他のものもあります。
相続税の申告や納税に関しては、被相続人の死亡をしてから10ヶ月以内となっています。
また延納や物納の申し出に関してもこの期間内となっているので忘れないようにします。
相続税の延納に関しては、相続税を一度に支払うことができない場合、何年かに分けて納税することができるようになっています。
相続税の物納に関しては、現金ではなく相続をした不動産などで納税をする形となっています。
また預貯金や郵便貯金に関しては、各種金融機関で手続きが異なっているので、問い合わせておくようにします。
生命保険に関してもどのような保険に加入をし、受取人が誰であるかを明確にしておくようにします。