自分で遺産相続手続きをする際のポイントについて

専門家に依頼をする方法と自分で解決する方法

イタリアトリノ白亜の宮殿遺産相続の手続きに関しては、しっかりと知識を頭に入れて手順を踏んで進めていく事が大切です。
時間を気にしなければ専門家に依頼しなくても、自分ですすめていくことができます。
もちろん自分で行う場合にはいくつか注意しなければいけないことがあります。
そのポイントとなるのは遺言書があるかないかという点です。

遺言書の有無が最初に確認すべきこと

家族が亡くなったときには、まず相続の手続きをすぐに始めるのではなく遺言があるかどうかを確かめることから始めます。
遺言がある場合にはそこに書かれた内容にしたがって手続きをするというのが基本となります。
しかし必ずしも遺言があるということではありません。
遺言がない場合には相続人で分割方法に関して話し合いを進めていくことになります。
これが遺産分割協議になります。

遺産分割協議について

遺言があるのとないのとでは手続きが大きく変わってくると言うことをしっかりと把握しておきます。
また相続を必ずしなければいけないと言うことはありません。
亡くなった家族がたくさんの借金を残していると言うこともあります。
その際には相続を放棄することができます。
相続をする財産の中には預金や不動産などのプラスの財産だけではなく、たくさんの借金や連帯保証人などのマイナスの財産も含まれています。
したがって相続をすることで逆に生活が大変になると言うことがわかっているのであれば、相続をしないという選択をすることもできます。

相続放棄手続きについて

その際には相続開始後3ヶ月以内に相続放棄の手続きをしなければいけないようになっています。
また相続財産の範囲内で借金を負担するという方法もあります。
これは限定承認といいますが、この場合にも相続開始後3ヶ月以内の手続きが必要になってきます。
3ヶ月というのが大きなポイントとなるので頭に入れておきます。