基礎控除を使った相続税対策のポイントについて

遺産が発生したときには相続税も発生してきます。

フィレンツェの町並み遺産が発生したときには相続をするという形になっていますが、このときにしっかりと知識を頭に入れておくことで損をしないように相続をすることができます。
この際のポイントとしては、基礎控除を上手に使うようにします。

基礎控除を活用する節税法

養子縁組などで法定相続人をできるだけ増やしておくと基礎控除額が増えることになります。
その結果税額も軽減されるようになっています。
基礎控除とはどのようなものかというと、税金の計算の最初に引くことができるお金のことで、その計算方法は5000万円に法定相続人の人数をプラスして、そこに1000万円をかけるというものになっています。

各種の控除制度を上手に使う

相続税に関してはいくつかの控除制度が用意されています。
たとえば小規模宅地の特例では、土地の価格を少しでも下げて計算することで、最初に計上しなければいけない相続財産を減らすことができます。
また配偶者控除もあります。
これは配偶者が相続をした財産のなかから、法定相続分以下の金額、また配偶者が相続をした財産のなかで1置く6000万円以下の金額のどちらかの高い方を、相続税の計算が行われる最後の各人の税額から控除することができるようになっています。

財産を残さないのも節税対策

また生前にできるだけ遺産を残さないと言うことも一つのポイントになります。
これは一番の節税対策であるといえます。
現金で納めるという方法がありますが、これよりも自宅を残して減税を行うという方法が賢いやり方です。
宅地の評価に関しては比較的簡単に行うことができます。
税金の計算が行われる最初に計上する相続財産の金額を低く評価することができるようになっています。