土地にまつわる相続税の節税対策について

求められる節税対策

モンサンミッシェル相続税に対する改正が行われたことにより、今までよりもその金額が大きくなると言うことがあります。
たくさんの金額を支払わなければいけないと言うことは大きな負担となるので、しっかりと節税対策を行う必要があります。

代表的な節税対策

固定資産税の評価額を下げる

たとえば節税対策として固定資産税の評価額を下げるという方法があります。
固定資産税評価額とは、市町村の税務課にある固定資産課税台帳に登録してある土地や建物の評価額のことになります。
またこの固定資産税評価額に関しては、税金を計算するときの土地や建物の評価額を算出するときにも使われるようになっています。
土地を所有している人が土地を貸していたり、その土地に建物を建てて貸していたりするときには、不動産の評価額を減少させることができます。
被相続人が住宅として済んでいたというようなこともあります。

宅地の評価額の一定割合を少なくする

このほかに事業用に使っていた小さな宅地があったという場合には、その土地が被相続人の生活の基盤になっていたということを考えながら、その後の事業の継続をしやすくするために、宅地の評価額の一定割合を少なくすることができるようになっています。
ここで一定の条件を全て満たしているという場合には、小規模宅地などの減額特例という制度によって、評価額の80パーセントが50パーセントに減額されるようになっています。

借入金の残高を全額負債控除にする

また遺産相続をするときには、借入金の残高が全額負債控除となります。
何もない土地に賃貸住宅を建てると、土地の相続税だけではなく評価額も下げることができます。
建物の評価額に関しても自家用家屋よりも下げることができるようになっているので、さらに税額の節約に大きな効果があります。
このように相続税対策はしっかりとポイントを押さえておくことで大きな効果が期待できます。